パニック障害は自分を偽り過ぎた結果?3つの自分を知ろう

パニック障害と社会不安が悪化して仕事をクビになった時
自分の未来が一気に不安になり、劣等感でいっぱいになりました。
でもそれは自分を偽り過ぎた結果だったのかもしれないと思ったことをお話します。

スポンサーリンク

恐れ、見せかけ、ほんとう、3つの自分がいることを知る

パニック障害や社会不安になって「自分は弱い人間だ」と思うことが何度もありました。
でも、旦那さんだけは「強すぎたんだよ」と豆ちょこに言いました。

弱い?強い?・・・本当はどっちなんだろう?
120751014

劣等感でいっぱいだった豆ちょこは、旦那さんの優しい嘘だと思いました。

でも、とある本を読んだ時、本当は弱いと思う自分を恐れているだけで、
真の自分は、旦那さんが言うように強いのかもしれないと思えたのです。

恐れている自分、見せかけの自分、ほんとうの真の自分

今日は豆ちょこのように、3つの自分がいることに気づいてみませんか?

「恐れている自分」は、プログラムされたネガティブイメージ

あなたはこれが本当の自分ではないかと恐れていることはありませんか?

豆ちょこにはあります。

  • 本当は人見知り
  • 本当はできないことの方が多い
  • 本当は頼りにならない
  • 本当は自分勝手
  • 本当は弱い

そして、自分は周りの人が評価してくれるほど、大した人間じゃないのだと・・・。

そんな思いがパニック障害や社会不安になるずっと前から
豆ちょこの心の奥底にはあったように思います。

この思いを信じているからこそ、密かに恐れ続けてきたのですが、
実はとんでもないカラクリがあったのです。

豆ちょこがあげた内容は、全て子供の頃に言われたことがあったのです!
120804896

  • 「もう、この子は人見知りなんだから困っちゃう」
  • 「こんなこともできないの?!」
  • 「頼んでおいたのに、なんでやらなかったのよ!」
  • 自分勝手なことばかりしてないで、もっとお手伝いしなさい!」
  • 「また風邪を引いて・・・なんでこんなに弱いのかしら」

自分はそう思っていなくても、ネガティブなイメージほど刻み込まれ、
そういう人間なのだとプログラムしてしまったのではないかと気づいたのです。

「見せかけの自分」は世間に見せているイメージ

あなたは人からどんな風に見られたいと思っていますか?

こんな自分を見せたくないと、恐れている自分を隠そうとして
人と接する時は、無意識に見せかけの自分で接していませんでしたか?
123714888

豆ちょこは、人に好かれたい、仕事でもプライべートでも認められたい、
お金を与える価値のある人間だと思われたい、そんな思いがありました。

そしてその思いから、人に迷惑をかけないよう、喜んでもらえるようにと、
体調が悪くても仕事をし、辛いことがあっても表にださず我慢をし、
自分に無理をさせても、良い自分を演じていたように思います。

その結果、パニック障害になるほど、自分を偽り過ぎてしまったのです。

奥底に埋もれてしまっている、ほんとうの「真の自分」とは

ほんとうの自分だと思って恐れていた自分の特徴が、周りから植えつけられたもので
人と接していた時の自分も、良いように見られたくて演じていたのであれば、
ならば、ほんとうの真の自分とは、どんな自分なのか?

豆ちょこがたどりついた答えは、
真の自分とは、他人の評価を気にせずに考えた時、こうありたいと思う自分でした。

きっとパニック障害や社会不安になっていない人にも恐れている自分がいて、
人と接する時は自分を演じているのではないでしょうか。

豆ちょこもパニック障害や社会不安になる前は、そうだったと思うんです。

しかし、過度なストレスが刺激となり、恐れている自分を隠し切れなくなって
見せかけの自分でいることに限界がきてしまったのではないか。

その結果、パニック障害と社会不安障害になったのではないかと思うんです。

ならば、今こそほんとうの真の自分に近づくチャンスでもあると思いませんか?

ほんとうの「真の自分」に近づくために毎日想像しよう!

ここからが、想像力豊かな不安障害の人たちの腕の見せどころです!

今まで長いこと子供のころにプログラムされた恐ろしい自分を隠し、
人と接するたびに、自分を良く見せようと自分を演じていたとしたら、
すぐにほんとうの真の自分をだしていこうとしても、難しいと思います。

実際気づいても、人と話すことがあれば、つい作り笑顔がでてしまいます(苦笑)

しかし、すぐには無理でも本当の自分を毎日想像していくことで、
だんだんと、真の自分と現実の自分を近づけていくことができると思います。

パニック障害や社会不安の人は、不安を簡単に作りだすことができる
想像力豊かな人です。

その想像力を今こそうまく使ってみるべきだと思いませんか?

毎日5分でかまわないです。
他人を気にせず、楽しく幸せそうな自分を想像してみてください。
122750376

真の自分が楽しそうに電車に乗り、にぎわう街をゆったりと歩き、
友達と楽しく話しながら美味しい食事を食べている姿を。

やりたい仕事をやって、トラブルがあってもうまく乗り切っている姿を。

ほんとうの真の自分に近づくにつれ、もっと自分が好きになるはずです。

好きな自分でいることができれば、克服も近くなると信じています!

⇒豆ちょこが3つの自分を考えるきっかけになった本はこちら

スポンサーリンク

コメントを残す