パニック障害は鉄不足が原因か?フェリチン30以下は要注意

パニック障害の原因として最近注目されている、鉄不足。
藤川徳美先生の本「うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった」を読んだ感想や、
自分のフェリチン値が低かったことを報告します。

スポンサーリンク


パニック障害は、フェリチンが少ない?

最近、パニック障害を克服するために、
何人かの方から、鉄不足を指摘されることがありました。

そして、心療内科の医師である藤川徳美先生が書かれた、
「うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった」という本を知りました。

この本は、タイトルでも触れられていますが、
うつ病やパニック障害は「鉄・タンパク不足」が原因ということが、
症例を紹介しながら、詳しく説明されています。

不定愁訴の原因のほとんどは鉄欠乏ということは、
「心療内科に行く前に食事を変えなさい」感想と役立つ情報
のブログ記事で紹介しましたが、心療内科医の姫野先生も言っています。

しかし、藤川先生の本で注目すべき言葉は、
鉄は鉄でも「フェリチン」の値です。
本の画像

鉄不足の指標となるのは「フェリチン値」だといいます。
(通常、貧血の状態か否かの指標となるのはヘモグロビン値です)

お金に例えれば、ヘモグロビン値が財布にあるお金だとしたら、
フェリチンは銀行に預けているお金、貯金分なんだそうです。

そして、パニック障害の人は、
そんな貯金分フェリチンが少ない人が多いのだと、藤川先生は伝えています。

フェリチン値30以下は、鉄不足?

藤川先生は、フェリチン値が30以下は鉄不足であると言っています。

しかし、日本のフェリチン基準値は5~157ng/mlとなっているため、
血液検査をしても、異常なしでスルーされることがほとんど。

これが事実なら、私は自分のフェリチン値が知りたいと思いました。

そこで、過去にやった血液検査の結果を掘り起こし、
フェリチンを調べてくれているものがないか探してみると、
奇跡的に2017年5月にした血液検査にフェリチンの結果が!

当時の私のフェリチン値は、21ng/mlでした。
フェリチン値の画像

藤川先生の基準からすれば、私は鉄不足となります。

じゃあ、フェリチン値を上げていくことができれば、
いずれパニック障害は完治できる?!

私の中で、そんな希望がでてきました。

フェリチン不足がパニック障害改善のキーワードだと教えてくれた方から、
「フェリチン値が50を越えるといろいろ楽になる」という情報もいただいたので、
まずは、フェリチン50を目指したいと思います

フェリチンは1ヶ月に5前後しか上がらない?

藤川先生の本の中に書かれているのですが、
15~50歳までの女性は、鉄剤投与をしても、
毎月フェリチンが5も上昇すれば良い方なんだそうです。

つまり、私が藤川先生の心療内科で鉄剤を投与してもらったとしても、
21から50になるまでに、基本6ヶ月かかることになります。
期間の画像

しかし、先生の心療内科があるのは広島、私の家は東京。

行けそうにないので、ここは自己責任の道、
サプリメントで挑戦してみることにしました。

幸い、本の中でサプリが写真付きで紹介されていたので、
そのうちの1つを買ってみました。

今まではディアナチュラのヘム鉄を飲んでいたのですが、チェンジです。

Amazonだと90粒が1000円ほどで販売されています。

本を読むかぎり、1日2~3粒飲んだ方が良さそうなんですが、
ボトルには1日1カプセルが目安と記載されているっぽいので、
今のところは1日1粒で飲んでみています。

2018年9月から飲み始めたので、
うまくいけば、2019年2月頃にフェリチン値が50になるかもしれません。
(飲む量が少ないかもなので、もっとスローペースかもですが)

タンパク質の摂取も積極的に!

ここまでずっとフェリチン不足の鉄不足について話してきましたが、
藤川先生は、タンパク質も意識して摂取するよう伝えています。

簡単に言えば、肉、魚、チーズ、卵など。

ということで、9月からタンパク質も意識して摂るようにしています。
肉と魚の画像

まだ始めて2週間程度なので、まだ変化は感じていませんが、
半年かかると思って、地道に続けてみたいと思います。

ちなみに、パニック障害を運動で克服する!運動と食事で克服チャレンジ
報告していた運動チャレンジの方は1ヶ月が経過しました。

最初の2週間は1日15分~30分程度、運動をしていたのですが、
後半からは1日30分~45分程度できるようになってきました。

体重は0.5kg減ったくらいで、ほぼ変わっていません。

とりあえず、運動もフェリチン値改善と同じように、
来年2月を1つの目標として続けてみたいと思います。

今後、どのような変化がでてくるか、また経過報告しますね!

Pocket


スポンサーリンク

コメントを残す