呼吸で緊張をほぐす方法!葛西選手が考案した呼吸法のやり方

よく緊張する人や、緊張をほぐす方法が知りたい人のために、
緊張をほぐしてストレスを解消するという呼吸法をご紹介します。
とっても簡単なので、ぜひ試してみてほしいです。

スポンサーリンク


葛西選手が考案した呼吸法とは?

先日、日本テレビで放送された世界一受けたい授業の中で、
スキージャンプの葛西紀明選手が、ある呼吸法を紹介しました。

その呼吸法は、緊張をほぐしてストレスを解消する、
「レジェンド・ブレス」という呼吸法でした。
呼吸の写真

葛西選手は、レジェンド・ブレスでストレスを解消し、
折れない心をつくることができたそうです。

そして、飛ぶ直前に実際にやっている映像も公開され。
「息を吐き終えると、自然とドキドキがおさまりジャンプに集中できる」
と本人が言っていました。

教えてもらった他の選手も、
「緊張するタイプだったのが、緊張しなくなった」と言います。
ひらめきイメージ写真

テレビでは、重要な仕事やテストの前に行えば、
緊張もほぐれ、本来の力を発揮できる呼吸法だとおすすめしていました。

そんなレジェンド・ブレスのやり方はとっても簡単!

詳しくご紹介しますので、
よく緊張して困っている方など、ぜひ参考にしてみてください。

レジェンド・ブレスのやり方は?

スキージャンプの葛西紀明選手が考案した、
レジェンド・ブレスのやり方をご紹介します。

1.鼻から目いっぱい息を吸い込む

2.そこから、さらに息を吸う

3.5秒間息を止める

4.歯は噛んだまま、歯の隙間からゆっくり息を吐き出す

約15秒でできる、超簡単な呼吸法です。

私は電車が苦手で、乗る前はいつも緊張して、
ドキドキが止まらないことが多いのですが、
乗る直前にやってみたら、少しおさまった感じがしました。

また、個人的に緊張している時に難しいことはできないので、
すぐ覚えられる簡単なやり方に魅力を感じています。

テレビで実際にレジェンド・ブレスを試した芸能人は、
「あがり症なんですけど、ちょっと治まりました」と言っていました。

なので、あがり症の人にとっても良い対策法になると思います。

レジェンド・ブレスは、直前がおすすめ

私は、苦手な電車に乗る直前と乗っている間に
レジェンド・ブレスを実践してみたのですが、
個人的感想としては、乗る直前の方が効果はあったように思いました。

いよいよこれからだ、という時のドキドキ感を、
ゆっくり静めてくれる感じがしたのです。

しかし一方で、実際に電車に乗っている間、
急に緊張してきた時にも試してみた時は、大きな変化を感じませんでした。

これは焦っているのもあったので、
吸い続けることがうまくできていなかった可能性もあります。

でも、個人的には、深呼吸の方が効果があるように思いました。

なので、緊張することをやる直前はレジェンド・ブレス
緊張する状況下にいる時は深呼吸と、使い分けようかと思っています。

それでも、いざこれから、という時に、
レジェンド・ブレスは強い味方になってくれると思います。

より詳しい説明や、その他の方法については、
葛西紀明選手の本に書かれているそうです。

興味がある人は、ぜひ合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか?

⇒葛西選手の本「疲れない体」と「折れない心」のつくり方はこちら

Facebook にシェア
Pocket


スポンサーリンク

コメントを残す