パニック障害の予期不安を軽くするお守り言葉

パニック発作に何度も襲われるたび強くなる予期不安。
「また起きたらどうしよう」「ああなったらどうしよう」と考えている時に、
実際に予期不安が軽くなったお守り言葉を4コマ漫画でご紹介します。

スポンサーリンク

予期不安が軽くなるお守り言葉

142657704

142713050

142810305

142823986

「不安の90パーセントは、現実には起こらない」

仕事に行こうとしている旦那さんを見て、
「1人になってまた発作がでたらどうしよう・・・」と予期不安を感じていたとき、
旦那さんが私にかけてくれた言葉です。

確率で考えると具体的に不安と向き合うことができる

起こっていないことに対して「どうしよう」と答えのない考えを巡らせている中、
90パーセントという確率が私の不安を小さくしてくれました。

「この不安の90パーセントは起こらない。ほとんど起こらないんだ!」

あいまいな不安感に具体的な確率をつけると、客観的な自分がでてくるので、
不安と向き合いやすくなり、冷静になれることがあります。

「10パーセントの確率で風邪引いちゃうんだからね!」と言われたらどうでしょう?

私なら「ほぼ引かないのかよ!」と即効ツッコミをいれる自信があります。

そんな考え方で「90パーセントって・・・ほとんど起こらないじゃん!」と、
自分に突っ込んでみるのもいいかもしれません。

ちなみに、旦那さん曰く、
残りの10パーセントは「思い込みー!」(オネエ風口調で)だそうです。

・・・起こらないんじゃん!

スポンサーリンク

コメントを残す