失敗を恐れて回避したくなる時のお守り言葉

パニック発作が起きた場所に行くことを考えると予期不安に襲われ、
また発作が起きて失敗したら…と恐くなる時があります。
今回はそんな失敗を恐れてしまう時のお守り言葉を4コマ漫画でご紹介します。

スポンサーリンク

失敗を恐れて回避したくなる時、思い出したいお守り言葉

105025858

105047271

105101901

105116648

「失敗なんて無い、思い通りにいかない時もあるだけだ」

パニック障害や社会不安になった人は、パニック発作などの辛い症状に
何度も襲われたことがあると思います。

豆ちょこも何度も辛い思いをしてきました。

そんな思いがある中でも、パニック発作の頻度が減り、辛い症状も良くなると
認知行動療法として発作が起きたことのある場所へ挑戦するようになりました。

しかし、挑戦目前になると、発作が起きて失敗したらどうしようと、
予期不安と共に失敗を恐れ、自然とお腹がキューッとなる自分がいました。

心も体もモヤモヤする中「お腹が痛くなってきたから今日はやめておこうかな」
そんなことを考え、最終的に回避しようとする自分がでてくる時もありました。

そんな豆ちょこを見たとき、旦那さんがこう言いました。
「失敗したくないと思っていたら、何もできなくなるぞっ」

この言葉を聞いた時、本当にその通りだと思いました。

完璧主義の傾向がある豆ちょこは、失敗したくない気持ちが膨れ上がり
失敗を恐れる状態にまでなり、気づけば身動きがとれなくなっていたのです。

失敗なんて無い、思い通りにいかない時もあるだけ

パニック障害や社会不安になって、失敗したと思うことが増え、
もうあんな失敗したくない、と思うことも増えました。

しかし今は、失敗ってなんだろう?あれは本当に失敗だったのかな?と、
失敗という考え方自体に疑問を持つようになりました。

旦那さんは豆ちょこがパニック発作に襲われた日も、不安でいっぱいだった日も、
失敗という言葉を口に出すことはありませんでした。

そのかわり、豆ちょこが落ち込んでいると
「思い通りにいかない時もあるじゃろがぁ!」と明るく活を入れてくれます。

この言葉を聞いているうちに、私は思い通りにならないことを、
失敗したことに結びつけているだけなのではないかと思うようになりました。

思い通りにならなかったら、それが失敗なのか?と考えると、
冷静に考えれば「そんなことは無い」という答えにたどりつきました。

そうなると、失敗なんて無いということになりますよね?

私がより良く生きていくための重要な出来事なのかもしれないし、
これからうまくいくために、うまくいかないことを体験しているのかもしれない。

それならば、前にも後ろにも進むことができない回避を選択するよりも
うまくいくようになるために、挑んでみた方が良いと思うんです。

思い通りにいかない時もあるけれど、それも自分の成長になると思えれば
きっと挑戦する心と体がついてきてくれますよ。

ちなみに、
旦那さんはスーパーポジティブな人間ですが、

「俺だって、思い通りにいかないことだらけだよ。でも、そんなもんでしょ。」

そう言って、ふははははーと笑っています。

思い通りにいかなくても、そんなものかと受け入れてしまえば
こんなに軽い感じでいられるんだな、と思っている豆ちょこです。

スポンサーリンク

コメントを残す