今の自分に不満を感じてしまう時のお守り言葉

パニック障害や社会不安障害になった人なら、そうなる前の自分に戻りたいと
1度は思ったことがあるのではないでしょうか?
今回は、今の自分に不満を感じた時のお守り言葉を4コマ漫画でご紹介します。

スポンサーリンク

今の自分に不満を感じてしまう時に、思い出したいお守り言葉

115213378

115224126

115234591

115322164

「今を満足すれば、不満はなくなる」

仕事をクビになって自宅療養を始めて間もない頃は、パニック障害だけでなく
社会不安障害にもなってしまった自分を、情けなく思っていました。

1日家にいても、パニック発作が起きた時のことを思いだしてしまったり、
次から次にでてくる漠然とした不安に押し潰されそうになったり。

あまりにも辛くて、これならパニック障害になる前の自分の方がよっぽど良かったと、
過去の自分に戻れたらと思うことが増えていきました。

そんな時も、旦那さんだけは優しく、今の自分を見てくれていました。

「今を満足すれば、不満なんてなくなるよ」

この言葉のおかげで、今の自分は不満ばかり見ていたことに気づいたのです。

気づいていないだけで、過去の自分よりも良くなったことは必ずある

パニック障害や社会不安になると、とっても不安を感じやすくなります。

不安を感じていると、悪いことばかりに目がいくようになるので、
良かったこともあったはずなのに、ずっと悪い状況にいると思ってしまうことも。

でも、パニック障害になった今の自分だからこそ、良くなったことも必ずあります。

どんな些細なことでも、自分が「これは良いことだ」と思えることがあれば、
それは今の自分にとって、大切なものになると思います。

パニック障害だって、社会不安障害だって、今を満足することはできる

パニック障害や社会不安を早く克服したいのに、
克服できていない自分に満足できるはずなんてない!

豆ちょこは、そんな風に思っていたこともありました。
このブログを読んで、実際そう思っている人もいるかもしれません。

でも、今を満足できない限り、不満は消えないと思います。

良いことに意識を向けるだけでも、意外と簡単に今を満足することができます。

  • 今日は良い天気で気持ちがいい。
  • ご飯が美味しい。
  • 部屋の掃除ができたから、部屋が綺麗だ。
  • お風呂が気持ちいい。
  • 早めに布団に入って眠れる。

こういう何気ないことでも、上げてみると幸せがつまっていると思いませんか?

今を満足していくと、癖になってしまったマイナス思考も変わっていき、
少しずつプラス思考にもなっていけると思います。

ぜひ、今の自分に満足し、今の自分を好きでいてくださいね。

ちなみに、
旦那さんは仕事をしていた時の豆ちょこよりも、
今の豆ちょこの方が、よっぽど良いと言ってくれます。

「仕事をしていた時は、毎日イライラしてて恐かったもん」

毎日イライラしていたなんて、自分では気づいていませんでした。
きっとイライラが慢性化していたんでしょうね。

今は自分がイライラしたら、しっかり気づくことができると思います。

そんな今の自分もなかなか良いな、と思う豆ちょこです。

スポンサーリンク

コメントを残す