パニック障害で人混みが怖くて避けたくなる時のお守り言葉

パニック障害で、電車やお店の中に人が多いと避けがちに、
社会不安障害で、仕事で多く人と会う機会を避けがちになりました。
避けたくなる自分に気づかせたいお守り言葉を4コマ漫画でご紹介します。

スポンサーリンク

人混みがこわい!人の多さが気になる時に、思い出したいお守り言葉

160953642

161219778

161237858

161319116

「自意識過剰、有名人かっ」

初めてパニック発作が起こった時、満員電車に乗っていたこともあり、
その時の衝撃が強すぎて、人が多い場所を避けていくようになりました。

予期不安が強くて、誰にも会わなくていい自宅にこもることもありました。

それでも全力で休んだ結果、数か月でまた外出できるようになりました。

ただ、電車に乗るにも、デパートなどのお店に入るにも、
自然と人の多さを気にして見ていることが多く、常に不安を感じていました。

そんな時、旦那さんに思いっきり突っ込まれたんです。

「どんだけ自意識過剰なのよっ、有名人かっ!」

自分が自意識過剰?考えたこともなかったので、本当に驚きでした。

人の多さで不安になるなら、全ての不安の原因に人がからんでいるかもしれない。

本当にパニック発作が起こったら、周りの目を気にしている余裕はないですが、
豆ちょこが不安を感じる時、必ず背景に人がからんでいることに気づきました。

「パニック発作が起こったら、おかしい奴だと思われちゃうだろうな」
豆ちょこは、うっすらいつもこんなことを考えていたのです。

でも、本当に起こったとしたら、おかしい奴だと思われるのか?

自分が周りにいた人だったとしたら、驚いたり、心配になるかもしれないけれど、
おかしい奴だと思う気持ちは出てこなかったのです。

ということは、自分の考えは、自分が作り出した的外れな予想でしかなかったのです。

自分が思うほど周りは気にしていないことに、みんな意外と気づいていない

若い時は、今よりもずっと自分のファッションや髪型を気にしていました。

なぜ気にしていたのか今考えると、周りに良く見られたいという願望が
とても強かったという理由が入っていただろうと思います。

でも、良く見られたくて、細かい部分にこだわっていたりしても、
少し前髪を切ったくらいでは、気づく人はほとんどいませんでした。

それでも、前髪を切った自分に気づいてほしいと思う自分がいて、
身近な人が気づかないと、なんで気づかないんだろうと不満に思うことも。

そういうことを考えると、豆ちょこは自意識過剰だったのでしょうね(苦笑)

自分が思うほど周りは気にしていない・・・気にしてくれないってことです。

ちなみに、
旦那さんは人混みの多い場所は、苦手ではなく嫌いです。

「ほこりが多いし、思うように歩けないじゃん」

そういう理由で人混みを避けるなら、避けてもいいかと思う豆ちょこです。

スポンサーリンク

コメントを残す