1日10分!乱れた自律神経を整えるヨガストレッチのやり方

最近なんだか自律神経が乱れている気がする、という人のために、
研究結果で自律神経を整える効果も認められた、
1日10分で改善が期待できるヨガストレッチのやり方をご紹介します。

スポンサーリンク

テレビで紹介されたヨガストレッチの効果とは?

強いストレスを感じる出来事があってから、気持ちがなんだか落ち着かず、
それが体の不調にもつながってしまった。

最近、そんな心身の不調を感じることが続いていて、
かなり自律神経が乱れているんじゃないかと思うことがありました。

そんな時、朝起きてテレビをボーッと見ていたら、
健康カプセル!ゲンキの時間という健康情報番組の中で、
辛い更年期障害の症状が改善する方法を紹介していたんです。

その内容は、寝る前に10分間ヨガストレッチをするというものでした。
寝る前の画像

私が注目したのは、その効果の裏付けとなる研究結果です。

研究により、寝る前に10分間ヨガをすることで辛い更年期の症状が改善する効果、
乱れた自律神経を整える効果があるという内容が紹介されたのです。

ヨガのリラックス効果は、私自身何度も実感したことがあったものの、
最近はたまにやるだけになっていたので、ちょっと見落としていました。

しかも、テレビで紹介されたヨガストレッチに必要な時間は1日10分だけ。

私がやっていたヨガは、しっかりやろうとすると軽く1時間は必要だったので、
1日10分なら無理せず続けていけるかも、と思いました。

でも、肝心のやり方がとてもざっくりした感じで紹介されてしまったので、
録画したものを繰り返し見て、自分なりにまとめておくことにしました。

私と同じように自律神経の乱れが気になっている人は、参考にしてみてくださいね。

自律神経を整えるヨガストレッチのやり方

テレビで紹介されたヨガストレッチは、夜寝る前に10分間行うもので、
ベッドや布団の上でやることをおすすめしていました。

運動強度が高い立ちポーズからはじまり、座ったり寝て行うポーズをはさみ、
最後はリラックスできる寝転がって行うポーズをする。

10分の間で、運動強度が高中低の順で3つのポーズをするのがポイントとなります。
ヨガポーズの画像

紹介された説明を聞くかぎりでは、それぞれを組み合わせることで、
自律神経の乱れを改善する効果が期待でき、よく眠れるようにもなるそうです。

テレビでは3つのポーズを2パターン、合計6つのポーズが紹介されたのですが、
運動強度が高いポーズ以外は、さほど難しくないように思いました。

今回は、私がやりやすいと思ったパターンのヨガストレッチをご紹介しますので、
試してみたいと思った方は、よければ参考にしてみてください。

1.英雄のポーズ(運動強度は高)

英雄のポーズの画像

見た目はそんなに辛そうに見えない英雄のポーズ

しかし、実際にやってみると足はプルプルしてくるし、
手をあげているのも辛くなってきます。

でも、継続してやっているとキープできる時間が長くなってきたので、
筋力がつくヨガポーズでもあると思います。

やり方がわかりやすく紹介されているYouTube動画があったので、
こちらもぜひ参考にしてみてください。

2.子どものポーズ(運動強度は中)

子どものポーズの画像

リラックス効果が高いと言われている子どものポーズ

実際にやってみると、腕が気持ちよく伸びて、
見た目よりも辛くなく、本当にリラックスできます。

腰痛にも効果的だというので、腰が重だるい時にもおすすめです。

こちらもやり方がわかりやすく紹介されているYouTube動画があったので、
合わせて参考にしてみてください。

3.死者のポーズ(運動強度は低)

死者のポーズの画像

最後は、ただ仰向けになって寝るだけという、超簡単な死者のポーズ

私が持っているヨガDVD「おうちヨガ」に収録されている
ヨガニードラを行う時と同じポーズでもあります。

ポーズのとり方は、まず仰向けになり、両足を軽くひらきます。

両手は体から少し離れたところに置き、手のひらは天井側へ向けます。

その体勢で全身の力を抜き、あとはゆっくり腹式呼吸を繰り返すだけです。

そのまま眠ってしまっても大丈夫、
まさに就寝前にはぴったりのポーズだと思います。

効果を実感するためには1日10分、無理なく続けること

寝る前10分間で、英雄のポーズ、子どものポーズ、死者のポーズをすることで、
乱れた自律神経を整える効果が期待できるわけですが、
しっかりと効果を実感するためには、やはり継続が大事みたいです。

でも、無理してやるのは、それはそれでストレスになってしまうと思うので、
毎日必ずやらなきゃと思わず、できる時にやっていこうくらいがいいと思います。
リラックスの画像

私もテレビを見て、やり方を覚えた日からやり始めてみていますが、
やり忘れることもあります。

やりたくないと思った時は、死者のポーズだけやることもあります。

リラックスするためにやるヨガです。

自律神経を整えるためにやるヨガです。

だからこそ、あなたも無理のない気持ちでやっていくことをおすすめします。

最近は改めて、本当に調子が悪い時は1日何もしないでゴロゴロする、
そのくらいゆとりのある考え方がいいな、と思っています。

自律神経が乱れているかも、と思った時は、
やることを1つ以上減らして、ゆとりをもった過ごし方をするのもおすすめです。

そうはいっても、まだ私自身もそれができないことがあります(笑)

辛い時こそ、お互いゆったりまったり過ごすことも大事なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す