パニック発作を我慢して悪化させてしまった時のお守り言葉

パニック発作を繰り返し、苦手意識がついてしまった電車に乗った時、
発作の症状がでてきても我慢して乗り続けて、症状が悪化したことがありました。
そんな時に心に響いたお守り言葉を4コマ漫画でご紹介します。

スポンサーリンク

頑張り過ぎてパニック発作の症状がでた時、思い出したいお守り言葉

115135319

115150715

115201229

124244000

「焦らず、ゆっくり、一歩一歩」

パニック障害を早く克服したいという気持ちで電車に乗った時、
途中で降りたらまた苦手意識が強くなってしまうと思い、
発作の症状がでてきても、我慢して乗り続けたことがありました。

目的の駅についた時、汗はダラダラで、かなり疲れ切っていました。

そんなすり減った豆ちょこを見て、

「焦らず、ゆっくり、一歩一歩いこう」

と、旦那さんが言ってくれたんです。

豆ちょこは、つい頑張り過ぎたり、気づくと焦っていたりしがちなので、
動いている時に不安がでてきた時は、

「焦らない焦らない、ゆっくりゆっくり、一歩一歩」

こう何度か言うことで、自分の動きを少しずつ修正するようにしています。

不安があるとつい焦りがちに。ゆっくりを意識する気持ちが大切。

パニック発作や予期不安が続くと、本当に辛いものです。
辛い症状から抜け出せるなら、すぐにでも抜け出したいと思うのも当然。

ただ、こういう気持ちがあると、自然と焦りがちになるものです。

豆ちょこも、よく焦ります。
でも、ゆっくりを意識するようになって、指摘されることが少なくなりました。

旦那さんはよく豆ちょこに言います。
「焦ってもいいことないよっ」と。

いいことないどころか、焦ると症状が悪化したり、悪いことの方が多いです。

一歩一歩でも前進できれば、克服できる道にたどりつく

豆ちょこの場合、症状が重い時は、少しでも不安が軽くなると、
旦那さんが考えている次の1歩を飛び越え、3歩先の行動をしようとしていました。

でも、その度に失敗して、ふりだしに戻っていました。

今は、たまに2歩先に行こうとするときはありますが、
行動する前に1歩にしようと、修正できるようになってきています。

少しずつでも前進していれば、症状も少しずつ軽くなっていきます。

軽くなってくれば、克服できる道にもたどりつけると豆ちょこは思っています。

ちなみに、
旦那さんはパニック障害ではないですが、たまに動悸があります。

でも、焦っている姿は一度も見たことがなく、動きを止めてしれ~っとしています。

「ほっとけば、落ち着いてくるもん」

心臓バクバク中にいつもと変わらない顔で言えるのがすごい。

もしまたパニック発作がでた時は、私もこう言えるようになりたいです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す