パニック障害で外出できない時に家で集中してできたこと

パニック障害と社会不安障害が悪化して外出できない時に、
家の中で集中できることが何かあるといいなと思いました。
色々と探した中で、思った以上に良かった物を紹介します。

スポンサーリンク

落ち着かない時に、何も考えず集中できる物がほしい

パニック障害と社会不安の克服に向けて自宅療養をしていても、
何かしら考えてしまい、落ち着かない時間がよくあります。

そんな時に、何も考えず集中してできることが何かあったらいいなと思いました。
その思いを旦那さんに伝えたところ、数日後にある物を提案してもらいました。

それが、ペーパークラフトです。
IMG_0311

今のペーパークラフトは、種類が豊富でクオリティが高い

豆ちょこも旦那さんもスタジオジブリが大好きなのですが、
スタジオジブリのペーパークラフトがあったんです。

スタジオジブリ作品シリーズに絞っても種類が豊富な上に、
完成画像は、紙とは思えないクオリティの高さで驚きます。

豆ちょこはそれなりに作業量があった方が集中できると思ったので、
中級クラスの、崖の上のポニョの宗介とポニョの家を選んでみました。
IMG_0319

作業が細かく、驚きと達成感があるので、思った以上に集中できる!

数日後、手元に届いたので、早速作り始めてみました。

すると、作っている間は、かなりペーパークラフトに集中できて、
不安感から離れることができたんです!
104011931

作業をするたびに「ちっさ!」と1人で突っ込みを入れてしまうほど、
とにかくパーツが小さいので、切り貼りに自然と集中していきます。

さらに、切り貼りしたパーツがわかる形になってくると、
その度にちょっとした驚きと達成感があり、楽しくなってくるんです。

予期不安ばかりで何もできない時は、1時間が本当に長いですが、
ペーパークラフトをやっている時は、気づけば3時間も経っています。

不安感から離れる時間が作れると、安心感がでてくる

豆ちょこは「宗助とポニョの家」を1日3時間程度やっていって、
1週間で完成しました。手の平サイズでとってもかわいいです。
IMG_0316

この1週間で、不安を感じている時間が少し減っていったことで
「不安を感じないでいられる時もある」と思えることができ、
自分の中でちょっとした安心感をもつことができました。

不安感に包まれてばかりの時だったので、これは一歩前進でした。

落ち着かない時の気持ちを切り替える方法の1つとしておすすめ

自分が好きだと感じる物がペーパークラフトにあれば、
不安感から離れたい時や、気持ちを切り替えたい時などにおすすめします。

豆ちょこは「宗助とポニョの家」が完成した後、
なんと作業時間が10倍ほどになる、千と千尋の神隠しの油屋を購入。

落ち着かない時が減ってきていることで、たまの作業となっているので、
実はまだ完成していません。
IMG_0322

でも、完成したら感動できるレベルの作業量とクオリティなので、
まだまだペーパークラフトは私の楽しみの1つです。

ハマれば趣味にもなると思うので、参考にしてみてもらえたら嬉しいです。

⇒自分好みのペーパークラフトがあるか、チェックしてみる場合はこちら

 

スポンサーリンク

コメントを残す