枕を使わないで改善できる!ストレートネックの治し方

スマホやパソコンを使う人に増えているストレートネック。
ストレートネックを治す為の専用枕を購入する人も増えていますが、
先日フジのバイキングでは、枕を使わない治し方を紹介していました。

スポンサーリンク

肩こりやパニック障害の原因はストレートネック?

いいとも!が終わってから、お昼にフジテレビは見なくなっていたのですが、
先日バイキングでやっていた「肩こり改善法」だけ、偶然見ることができました。

この肩こり改善法「肩こりの原因はストレートネックである」という考えから、
ストレートネックの治し方を紹介していたことが、すごく目を引きました。

ストレートネックは、パニック障害やうつの原因にもなると言われており、
豆ちょこが購入した「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」では、
ストレートネックを治すための枕がついていました。
140148071

その時は、肩こりも感じることから、自分もストレートネックではないかと疑い、
枕の効果を期待しながら使っていました。

しかし、使っている間、首が伸びる気持ち良さを感じることはできたものの、
肩こりや不快な症状が枕で改善したかと言うと、正直よく分からない・・・。

その後、自分がストレートネックなのかどうかも分からずにいたのですが、
簡単にチェックする方法を知り、改めて興味を持ち始めました。

誰でもすぐできる!簡単ストレートネックチェック法

バイキングで紹介されていたストレートネックチェック法で、
自分がストレートネックかどうかチェックしてみました。

その結果・・・豆ちょこは、ストレートネックではありませんでした。

あなたはどうでしょうか?
自宅ですぐできるので、よければチェックしてみてください。

ストレートネックチェック法

  1. 壁にかかとと背中をつけて立つ
  2. アゴを引いた状態で、後頭部・背中が壁につくかチェック
  3. 後頭部がつかなければ、ストレートネック

壁に体をつけることだけ意識していると、少し顔が上向きになっていたりするので、
きちんとアゴを引くことも意識してチェックすると良いと思います。

もし後頭部がつかなかった場合は、バイキングで紹介していた改善法で
一番興味深かった方法を紹介するので、それを実践してみてください。

枕を使わないで寝るとストレートネックが改善される!

ストレートネックを改善するための一番お手軽な方法は、
「枕を使わないで寝る」方法だと思います。

バイキングに出演していた先生の話によると、
高い枕で寝ると首に負担がかかり、ストレートネックにもよくないそうです。

でも、寝返りをして横向きになった時は、枕が無いと首に負担がかかるので、
横向きになった時は枕に頭がのるよう、頭の両端に枕を置くのが良いとのこと。
145614651

枕なしの仰向けの状態で3時間ほど寝ることができれば、
ストレートネックの改善になるそうですよ!

どんな感じか、試しに昨日枕を頭の両端にセットして、
「仰向け・まくら無し」で寝てみたところ・・・これはこれで、普通に寝れました(笑)

朝起きて、首が痛いとか、肩こりが悪化したということもなかったので、
お金のかからない改善法ということもあり、かなり実践しやすいと思いました。

スマホやパソコンをよく使ったり、下向き加減になることが多いなら、
定期的にストレートネックのチェックはした方が良いかもしれません。

豆ちょこもたまにチェックして、ストレートネックにならないよう、
スマホやパソコンを使う時の姿勢も、意識するようにしたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す