パニック障害のだるさ解消におすすめの「早起きと朝ヨガ」

「朝なかなか起きられない」そんな悩みを抱えていませんか?
目は覚めたけど、だるくてモヤモヤするから、二度寝しちゃう。
そんな状態から抜け出す方法の1つが、早起きと朝ヨガです。

スポンサーリンク

朝のだるさに悩まされているのは自分だけじゃない

パニック障害でだるいと感じる時に役立つ手軽なマッサージの記事を書いてから、
日々だるさを感じているパニック仲間さんから、何通かメールをいただきました。

「朝、体がだるくて二度寝、三度寝して、やっと起きれる状態です」

「パニック障害歴が長い私も、朝からだるい時が多くて困ってます」

「マッサージできない頭の重だるさを解消する方法は知りませんか?」
(メール一部抜粋、ご本人に許可をいただいております)

やはり、朝からだるい感じに悩まされている方は本当に多いようで、
さらなる解消方法を探している人も多いという状況に、改めて気づかされました。
142627790

すでにおすすめしたマッサージは、どんなに悪化している人でもやりやすい反面、
メールでご相談いただいたように、自分はほとんど動かなくて良い分、
頭の重だるさの解消力は弱いのかもしれません。

そこで、ちょっとは頑張れる!という状態以上の人に、
今回は「早起きと朝ヨガ」をセットでおすすめしたいと思います。

目が覚めたら、気持ちを奮い立たせて起きる「早起き」

「朝だるくて起きられないって言ってるのに、早起きって!」
そう突っ込みたくなった人もいるでしょうか?

でも、ほとんどの人は、気持ちを奮い立たせればどうにか起きられる
そのくらいのだるさレベルだと思うのです。
143626202

豆ちょことしては、目が覚めたら、だるくて辛い気持ちは十分わかる!けれど、
気持ちを奮い立たせて、どうにか起きてみませんか?
という気持ちを「早起き」という言葉に詰め込みました。

実際、6時に目が覚めたけれど、なんだかんだで7時まで布団の中にいる状態から、
ぐっと気持ちを奮い立たせて、目が覚めた6時に体を起こす。

そんな「早起き」を、豆ちょこは何度も繰り返しました。

そして、だるさが少しでも軽くなるまで布団の中にいた時間に、
ヨガをするようになったんです。

起きてすぐにヨガをすると心身が落ち着いてくる

どうにか早起きできたとしても、その後に体を動かさないでいると、
いつまでたっても体のだるさを感じてしまうこともあると思います。

そこで、起きたての体に優しい刺激を与え、だるさを軽くする方法として
おすすめしたいのが「朝ヨガ」です。

豆ちょこは、悪化中によくお世話になっていたヨガニードラも収録されている
「リラックスおうちヨガプログラム」の本の付録DVDを見ながら、
約45分、ほぼ毎日ストレッチ感覚でヨガをしています。
142616828

ウォーミングアップ(約10分)

イライラを解き放つストレス解消プログラム(約15分)

自分を大切にする穏やかな心を育むプログラム(約20分)

だるい感じや、頭のモヤモヤがありながらもやることが大事で、
30分を過ぎてくると、不思議と心身が落ち着いた感覚になってきます。

これは豆ちょこの感覚なので、みんながそうなるかは断定できませんが、
朝起きて何もしないでいるよりは、だるい感じが軽くなると思います。

ヨガをしていると、お腹が鳴ってしっかり空腹を感じることができたり、
朝食をより美味しく食べれたり、きちんと便意を感じることができたりと、
だるい感じが軽くなるだけでなく、他にも効果を感じてくると思います。

私はガイドがあった方がやりやすいので、DVDを見ながらヨガをしていますが、
全身をしっかり動かせるストレッチであれば、何でも良いと思います。

いざ実践!となると、最初はかなり辛いと思います。

でも、もし1か月続けることができたなら、その辛さはかなり軽減されているはず。

「継続は力なり」

続けて頑張ったことは、自分の力になると信じ、
ちょっと頑張って早起きと朝ヨガの実践、一緒にしていきませんか?

継続しやすいおすすめヨガDVD⇒「リラックスおうちヨガプログラム」

スポンサーリンク

コメントを残す