パニック障害は自分で治すという人におすすめの検査とは?

パニック障害を薬なしで自分で治すぞ!と思っている人は、
このブログを好んで見てくれている人に多いと思います。
そこで今回は、そんな人たちにおすすめしたい遺伝子検査をご紹介します。

スポンサーリンク

パニック障害改善のための食事と運動は自分に合っているのか?

豆ちょこは、パニック障害の薬を約4年飲み続けても治らなかったこともあり、
薬なしで自分で治すと決めてから、改善につながることを見つけては実践することを
繰り返してきています。

そして今、パニック障害改善のために一番意識していることが、食事と運動!

運動は、外に出てウォーキングをしたり、家の中で踏み台昇降をしたり、
最近は夜寝る前に旦那の指示のもとで、筋トレもするようになってきました。

食事は、以前紹介した食事内容がベースとなってはいるものの、
糖質控えめと、質の良いタンパク質を多く食べることを意識しつつ、
基礎となる「バランスの良い食事」を一番に考えて食べるようになっています。

しかし、ふと自分の食事と運動について不安になった時があります。

「はたして今の食事と運動は、今の自分に合っているのか?」と。
110947778

いくら本やネットの情報で「良いです」「おすすめです」と言われていても、
自分にとって良い方法か?ということは、知ることはできません。

食事や運動は毎日地道にコツコツ積み上げていくことなので、
自分に合っている食事や運動だという自信をもって取り組みたいもの。

そんな不安や考えを抱えていたある日、豆ちょこは遺伝子検査を知ったのです。

自分の体質に合った食事や運動がわかる検査キットがある

「爪を切って郵送するだけで、自分の体質に合った食事や運動がわかる?」

病院に行かずして、自宅で簡単に遺伝子検査ができるキットの存在を知り、
これで自分の体質がわかるだけでなく、食事や運動のアドバイスももらえるならと
即効で注文してしまった私。

そのキットは「DNA SLIM 爪遺伝子分析キット(爪用)」
111333182

「ダイエット遺伝子分析キット」としておすすめされていることが多いのですが、
ダイエット目的じゃなく、体質改善目的の私にも魅力的な検査キットでした。

注文後、数日で手元に届いたので、切った爪を入れて、即日郵送!

郵送してから約2週間で結果が届くとの記載があったのですが、
2週間待たずして、10日で遺伝子分析レポートが自宅に届きました。

体質に合った食事と運動で少し痩せてきた!

「DNA SLIM」の場合、243種類もの中から自分のタイプが分かるのですが、
豆ちょこの結果は「高カロリー嗜好タイプ混合型肥満」
112309069

説明に「太りやすく痩せにくいタイプです」と書かれているのを見た時は
正直、かなりショックでした(泣笑)

今の身長と体重から見ると「普通体重」ではあるのですが、
書かれていた脂肪がつきやすい部位は、見事に今ぷにぷにしている部位でした。

そんな私に合った食事と運動のアドバイスもしっかりあり、
今取り組んでいたことは、自分に合っていたということがわかりました。

さらに、自分に合った栄養サポート食材やサプリなども書かれていたので、
後日書かれている栄養がメインとなっているサプリを数種購入。

今は「これで良いんだ」という自信を持って食事と運動の取り組みをしています。

そしてアドバイスもプラスした生活をするようになり、3週間ほど経過した今日、
なんと1kgほど痩せていました!

ダイエットが目的ではないので、痩せなくても体質改善できれば良いのですが、
調子を崩すことなく、自然に体重が落ちたということは、
遺伝子検査の結果が「正しい」ということなんじゃないかと。
112954271

パニック障害を克服するためには、認知行動療法などで苦手なことにも挑戦し、
考え方を変えていく必要もあると思います。

しかし、それには行動力が必要で、体力が無いとなかなか進まなかったりします。

だからこそ、食事と運動でまずは自分の体に自信をつける!というのも、
大きな改善につながると、豆ちょこは思っています。

もし今、パニック障害の改善法として、食事や運動に力を入れているならば、
より自信をつけて取り組んでいくために、遺伝子検査、おすすめします。

数分で話が終わって、薬をだして終わりな心療内科の先生にお金を払うより、
よっぽど役に立つ情報が得られると思いますよ。

追伸
豆ちょこの検査結果詳細が知りたい方は、
遺伝子検査キット「DNA SLIM」の食事と運動アドバイス詳細のブログ記事へ。

⇒爪でわかる簡単遺伝子検査キット「DNA SLIM」をチェックする

スポンサーリンク

コメントを残す