パニック障害の漢方で人気?せいゆう薬局とやいづ神仙堂

最近、Yahoo!検索で「パニック障害」と入力して調べると、
関連検索ワードに漢方専門の店名が表示されることが多いことに気づきました。
そこで今回は、よく見かける「せいゆう薬局」と「やいづ神仙堂」を調べてみました。

スポンサーリンク

パニック障害専門の漢方店が注目されている

Yahoo!検索で「パニック障害」を調べた時にでてくる関連検索ワードを見ると
知らない名前があることに気づきました。

せいゆう薬局?やいづ?・・・何だこれ??

今日の検索では、表示数10個のうち、似通った検索ワードが4個もでていました。
120636701

「パニック障害専門 漢方せいゆう薬局」
「パニック障害 ㈲せいゆう薬局」
「パニック障害 漢方 相談 やいづ」
「パニック障害 漢方 相談やいづ」

いい加減かなり気になってきたので、そのまま関連検索ワードをクリック。

検索結果から「㈲せいゆう薬局」は自律神経失調症とパニック障害専門の漢方薬局
やいづは「やいづ神仙堂」という心の病にも対応した漢方相談店だとわかりました。

どちらもパニック障害に対応した漢方を取り扱っているお店ということから、
パニック障害の漢方治療で人気のお店なのかな?と思いました。

さらに詳しく調べてみたので、順に紹介していきます!

宮崎県にある「㈲せいゆう薬局」についての情報

「㈲せいゆう薬局」は、宮崎県宮崎市に実店舗があり、
HPでは、薬剤師である渡辺さんと思われる人の写真が掲載されています。
123749577

トップページには「自律神経失調症とパニック障害は漢方で治る!」と書いてあり、
漢方治療に強い自信を持っているように感じました。

「せいゆう薬局」の特徴をまとめたので、ご紹介します。

  • 特徴・・・自律神経失調症とパニック障害専門の漢方薬局
  • 相談・質問・・・無料(HPに専用相談フォーム有)
  • 漢方薬の値段・・・30日分で18,500円の均一料金
    ※消費税・送料・代引き手数料込み
  • 注文方法・・・メール、FAX、電話、来店

お客さん側として一番嬉しいのは、相談や質問に無料で対応してくれて、
希望すれば、病態を分析した結果も教えてくれるという点。

最終的な分析結果で、治療方針や治療期間の目安も伝えてくれるようなので、
自分が漢方治療を受ける場合、どれくらいの費用がかかるか把握してから、
注文するかしないか決められるのも、良い点だと思いました。

私も実際に相談フォームを使って、相談をしてみたところ、
7営業日以内にきちんと返信をもらえました。

こちらから何かアクションをしなければ、連絡がくることもなく、
勧誘のようなものも一切無いので、安心して相談できるお店だと思えました。

静岡県にある「やいづ神仙堂」についての情報

「やいづ神仙堂」は、静岡県焼津市に実店舗があり、
HPトップに薬剤師である鈴木さんの写真が掲載されています。
123758207

パニック障害専門というよりは、心の病の症状なら、なんでもといった感じで、
精神症状に幅広く対応してくれそうな印象を持ちました。

「やいづ神仙堂」の特徴をまとめたので、ご紹介します。

  • 特徴・・・うつ病やパニック障害、心の病に対応した漢方相談店
  • 相談・・・予約制で初回3,000円(商品を購入した場合は無料)
  • 漢方薬の値段・・・記載なし(1ヶ月全く改善しなかった場合は返金OK)
  • 注文方法・・・記載なし(おそらく電話と来店がメイン)

せいゆう薬局と比べると、HPで知ることができる情報が少なく、
相談だけの場合は有料となってしまうのが、ちょっと悩ましいなと思いました。

また、漢方薬の値段についての情報がないかと探していたところ、
やいづ神仙堂の場合、いくつかHPがあることが判明しました。

私が最初に見たHPは「心の病」専門で作られていたのですが、
他にも「偏頭痛」「不妊」専門で作られたと思われるHPも。

偏頭痛メインで作られているHPでは、漢方薬の費用についての記載があり、
1日400円~700円が目安というような記載がありました。

もし1日700円だとすると、30日分で21,000円ほどの費用となります。

継続するには辛い価格ですが、1ヶ月飲んで全く改善しなかったという場合は、
返金対応をしてくれるようなので、その点は良いなと思いました。

漢方薬にも少なからず副作用はある

漢方と聞くと、病院でよく処方される西洋薬に比べると
なんだか体に優しいイメージがありませんか?
123231092

レスタスやデプロメールのような西洋薬で痛い目をみた私も、
「漢方なら効くまでに時間はかかりそうだけど、安全で良いよね」
なんて思い込んで、イメージだけで漢方に走ったこともあります。

しかし、漢方薬にも副作用はあるんですよね。

また、婦人科で処方された漢方を飲んで実感したのですが、
合う合わないも個人差があり、飲んでも効果を感じないこともあります。

その為、漢方にも少なからずデメリットとなる部分があると言うことは
きちんと理解しておいた方が良いと思います。

しかし、漢方でパニック障害や社会不安障害が改善した人がいることは事実なので、
漢方での治療期間を決めて、改善を目指すのも、1つの良い方法なのかもしれません。

「せいゆう薬局」「やいづ神仙堂」のようなお店がでてきたことで、
パニック障害の改善方法として、漢方を検討する人も増えていると思います。

漢方に興味を持っている人は、一度チェックしてみても良いかもしれませんね!

追伸
私が見たホームページのURLを参考までに紹介しておきます。

せいゆう薬局
http://www1.odn.ne.jp/~adg61970/seiyuu/

やいづ神仙堂
http://y-sinsen.com/

スポンサーリンク

コメントを残す