パニック障害の薬デプロメールとレスタスの効果と副作用とは

パニック障害の薬として約4年飲んでいた2種類の薬が、
SSRIのデプロメールと抗不安剤のレスタスでした。
個人差はあると思いますが、私の感じた効果と副作用をお話します。

スポンサーリンク

SSRI(抗うつ剤)デプロメールの効果と副作用

私がパニック障害になって約4年間、1番長く飲んでいた薬の1つが、
SSRI(抗うつ剤)といわれるお薬、デプロメールでした。

薄オレンジ色で、1錠がとても小さいので、見た目はとてもかわいい薬です。
IMG_0296

薬局でもらった添付文書を読むと、デプロメールの特徴がわかります。

デプロメールは、ゆううつな気分を改善するお薬です。
ねむくなったり、注意力がなくなることがありますので、
車の運転や機械の操作をするときは注意して下さい。
噛み砕くと舌がしびれるので、かまずに服用して下さい。

デプロメールの効果としては、飲むと気持ちが落ち着くことが多かったので、
確かに、気分を改善する効果は多少あると思いました。

眠気や注意力の低下といった副作用については、
たまに眠気を感じることはありましたが、そこまで気になりませんでした。

飲み始めの副作用として、吐き気を感じる人もいるようですが、
私はそういったこともなかったので、副作用で困ることはありませんでした。

舌がしびれる場合があると、少し怖いことも書かれていますが、
噛んでしまうような大きさではないので、気にしない方がいいと思います。

抗不安剤レスタスの効果と副作用

パニック障害の薬として、デプロメールと一緒に処方されていた薬が、
抗不安剤といわれるお薬、レスタスです。

レスタスは、色が白いですが、やはり1錠が小さいので、見た目はかわいく、
とても飲みやすい薬でした。
IMG_0298

薬局でもらった添付文書を読むと、レスタスの特徴がわかります。

レスタスは、脳の神経の働きを抑えて、不安をやわらげ、気持ちを落ち着かせて、
精神の緊張による様々な症状を改善するお薬です。
ねむけ、ふらつき、注意力や集中力の低下が起こることがありますので、
車の運転や機械の操作は控えてください。

レスタスの効果としては、添付文書に書かれている通り、
不安や緊張が軽くなったり、気持ちが落ち着く働きがあったように思います。

デプロメールと一緒に飲んでいたので、定かではありませんが、
副作用については、たまに眠気を感じる程度でした。

ただ、デプロメールでは、注意してくださいレベルだった車の運転や機械の操作が、
レスタスでは、控えてくださいレベルになっているので、
副作用がでる可能性は、デプロメールよりレスタスの方が高いかもしれません。

しかし、パニック障害の薬としては、どちらも副作用の少ない薬と言われているので、
心配するようなレベルではないと思います。

飲む回数は1日2回、症状が落ち着いてきたら1日1回

デプロメールとレスタスを飲む回数は、1日2回からのスタートでした。

どちらのお薬も、1回飲めば半日ほど効果が持続するということだったので、
私の場合は、昼食後と就寝前に飲んでいました。
IMG_0304

仕事を続けている間は、1日2回から減薬することができませんでしたが、
自宅療養に入り、パニック障害が改善していったことで、
先生から許可され、1日2回から、1日1回に減薬して飲んでいました。

薬に抵抗がある人も、症状が強い時は薬を飲むのがおすすめ

予期不安やパニック発作が多い時は、本当に辛い思いをしていましたが、
そんな私のメンタルを支えていたものは、病院で処方されたお薬でした。

薬を飲んだら弱いと思われる!薬漬けにはなりたくない!と、薬に抵抗を感じても、
不安で常にストレスを感じていては、パニック障害が悪化する恐れもあります。

だからこそ、辛い時は我慢せず、病院の薬を飲んだ方が良いと思います。
IMG_0299

先生と話し合い、服用期間を決めて飲むのであれば、
レスタスもデプロメールも、パニック障害改善の手助けとなります。

私は、病院の先生と薬についてきちんと話し合うことができず、
長期服用してしまい、断薬に苦しむ結果となりましたが、
レスタスもデプロメールも、付き合い方次第で良い薬にもなると思います。

残念ながら、薬だけではパニック障害を克服することはできませんが、
薬で辛さを軽減することはできます。

効果と副作用を知り、自分が納得できるまで先生と話し合い、
服用期間を決めたうえで、薬とうまく付き合っていくことを、私はおすすめします。

スポンサーリンク

コメントを残す