パニック障害の予期不安を解消していくために必要なこと

日常生活の中でパニック障害の症状がほとんどでなくなってきたため、
苦手意識のついた行動を1人でするようになってきました。
そんな時に立ちはだかる予期不安を解消する気づきがあったのでお話します。

スポンサーリンク

予期不安があっても行動できるようになってきた

パニック障害や社会不安障害と診断を受けても、人によって辛い症状は様々ですが、
パニック障害とは?パニック発作を繰り返すと診断される?でお伝えした通り、
予期不安は必ず伴うと言われています。

豆ちょこ自身、予期不安のせいで家から1歩も出られない状態になったことも。
94919796

この予期不安があるせいで、行動できない自分に落ち込んだり、自分を責めたり、
自分から自信までも奪っていきました。

しかし、いろいろな改善法を実践して、最近はパニック障害の症状が激減すると、
不快な感じや緊張はあるものの、予期不安と向き合えるようになってきました。

そして、予期不安があっても、予定通りに行動してみる回数が増えていくうちに、
こうやって予期不安を解消していくのかもしれないという気づきがあったのです。

豆ちょこと同じように予期不安克服を目指している人の後押しになればと思い、
個人的に思ったことではありますが、気づいたことを書き出してみます。

睡眠・食事・運動が向上すると予期不安に潰されなくなる

睡眠時間をしっかりとり、食事は1日3食バランスよく、運動もするようになって、
自分の中で予期不安への向き合い方が変わってきたような気がしています。

睡眠・食事・運動を意識する前の自分は、予期不安に潰されて身動きがとれず、
どうしてこんな風に考えてしまうのか?と、答えのでない悩みを抱えていました。

しかし、意識した日々を繰り返していくうちに、でてきた予期不安に対して、
冷静に向き合える余裕のようなものがでてきた感じがするのです。
94934831

パニック障害の不安の元は腎臓から?腎臓を元気にしよう!で話していた通り、
腎臓が弱ると不安になりやすくなることなども考えると、
予期不安という不安感も、健康になると改善されるのではないかと考えています。

どれだけ体が弱っているかで、改善のスピードにも個人差はあると思いますが、
睡眠・食事・運動を意識することは、すぐに始めることができます。

豆ちょこは、なかなか眠れなかった状態をヨガニードラで改善したり、
食事療法を考えてみたり、運動は家の中でもできる踏み台昇降も取り入れてみたり、
いろいろと試行錯誤しながら、少しずつ体調も良くなってきた感じがしています。

予期不安に悩んでいるなら、まずは睡眠・食事・運動を意識して、
健康的な生活をしてみると良いのではないかと、豆ちょこは思っています。

不安な行動を繰り返すことが予期不安解消につながる

今日は目的地まで行けないかもしれない、行く間に不快な症状がでるかもしれない、
私の予期不安には、こんな不安が定番です。

しかし、最近は定番の予期不安がでても、予定通り動いてみることが増えました。

「予期不安でてきた~!緊張してるな~・・・でも、途中まででもいいや!」
そんな風に思って、そのまま行動してみる。

そして実際に行動してみた結果は、意外と大丈夫だったということがほとんど。
94942375

こんなことを繰り返していく中、自分の考え方が変わったことに気づきました。

いつものように定番の予期不安がでてくると、それがいつも以上に強くても、
「今までは大丈夫だった」という考えが後押ししてくれるようになったのです。

予期不安を一緒に連れて行動をしてきたことが、自分の強いお守りになるとは!

パニック障害は認知行動療法の曝露技法で克服できるのか?で説明していた
認知行動療法を無意識にしようとしていたのかもしれません。

自分の不安は正しいものなのか実際に確認を繰り返すことで、考え方を変えていく。

また、回数を重ねることで「慣れ」という耐性もできると思いました。

体が健康になっていき、場数を踏めるようになってくれば、
自然と予期不安という不安感は解消していくのではないでしょうか?

1人でどこにでも行けるようになって、克服したと思える状態になった時、
この思いが確信に変わればいいなと思っています。

予期不安はとっても不快なものですが、必ずしぼんでいくものです。

予期不安解消のために、まずは体を健康にしていくことから目を向けてみませんか?

スポンサーリンク

コメントを残す