NHKがパニック障害に注目したドラマ「途中下車」を放送

2014年12月25日午後10時からNHKで「途中下車」という
特集ドラマを放送します(クリスマス放送!)。
パニック障害になった主人公を北村一輝さんが演じるようです!

スポンサーリンク

パニック障害が大きなカギとなるドラマ「途中下車」

なんとなくかけていたNHKから、パニック症という言葉が聞こえたことで
「途中下車」というドラマが放送されることに気づきました。
121019314

ドラマというと何回かに分けて放送されるのかと思いきや、
公式サイトを見ると、1回放送の73分でまとまっているようです。

出演者は主人公を演じる北村一樹さんをはじめ、原田知世さんや野際陽子さん、
六角精児さんや野間口徹さんなど、かなり力の入った顔ぶれです。

パニック障害については、ちょっとしたニュースで取り上げられていたり、
芸能人がなったということが分かると、どういう病気か紹介されてきたものの
ドラマの大きなテーマになることは、あまりなかったのではと思います。

パニック障害という言い方も、パニック症とやわらかい言い方にしていて、
見る人にこの病気を身近に感じてもらおうという気持ちが伝わってきました。

主人公は電車でパニック発作を起こし会社を辞める

旅行雑誌の敏腕編集者としてバリバリ働いていた主人公(北村一輝)が、
電車の中でパニック発作が起こったことで、会社を辞めることに。
121026178

あらすじを読んだとき、年齢も性別も違うものの、
自分と似た状況となる主人公に興味をもたずにいられませんでした。

公式サイトでは、原作者の北村森さんのメッセージの中で、
途中下車というドラマタイトルの意味を知ることができます。

  1. パニック症になったことで、電車に乗れなくなってしまうこと
  2. 突然仕事の表舞台を降りてしまわざるを得なくなること

このふたつの意味を「途中下車」に込めたそうです。

まさに豆ちょこも途中下車をすることになった人間なので、
このドラマの主人公がどう生きていくのか、とても興味を持ちました。

パニック症を身近に感じることができるかもしれない

原作は、北村森さんの本「途中下車」で、ノンフィクションだということから、
より現実味のある内容になっているのではないかと思います。

しかし、原作となった本の口コミはかなり賛否が分かれています。

これは薬が大事と考えているかどうか、どれほどの症状があるかなど、
パニック症と言っても、大きな個人差がある病気だからではないかと思います。

このドラマを見ても、パニック症を全て知ることは難しいかもしれません。

しかし、電車でパニック発作が起こる場面や病院で説明を受ける場面を見て、
パニック症を身近に感じてもらうきっかけにはなるんじゃないかと思うんです。

主人公を演じた北村一輝さんは「他人事とは思えない」と言ったそうです。

ドラマ内でも、パニック症の説明時に「100人に1人はパニック症を抱えていて、
そのうえ、予備軍はその何倍もいる」と言うことを伝えています。

理解してもらいたいと思う人がいるなら、見てもらうと良いかもしれません。

見た人によって、見た感想も大きく分かれるのではないかと思うので、
このブログでは紹介するだけにしたいと思います。

途中下車のように、パニック症などの不安障害に注目した特集が
今後もっと増えていくことを願います。

追伸
同日12月25日午後1時5分からNHK「スタジオパークからこんにちは」
北村一輝さんをゲストに迎え「途中下車」の話をするようです!

見られる方は、こちらもチェックです!

スポンサーリンク

コメントを残す