パニック障害で迷惑をかけていると思った時のお守り言葉

パニック障害で行動範囲がどんどん狭くなり、できることも減っていくと、
周りに迷惑ばかりかけて申し訳ないと思うようになりました。
今回は、そんな思いがでてきた時のお守り言葉を4コマ漫画でご紹介します。

スポンサーリンク

周りに迷惑をかけていると思った時、思い出したいお守り言葉

103219204

103231284

103243414

103254061

「いてくれるだけでいいんだよ」

仕事もせず、1日家にいて、ただ横になっているだけ、
症状が悪化している時にそんな状態だったことがあります。

家にいてもプチパニックを起こしやすく、家事さえできませんでした。

働くこともできず、家のこともできず、なんて役立たず・・・、
迷惑かけてるだけで、もはや自分がいる意味もないんじゃないか。

そんな思いで頭がいっぱいになってしまったことを
ある日、旦那さんに話したのです。

すると、旦那さんは全面否定したうえでこう言いました。

「ここにいてくれることで、俺の役に立ってるじゃん」

私がいることで頑張れる、働こうと思える、幸せを感じることができると。

「だから、いてくれるだけでいいんだよ」

この言葉を聞いた時、私は存在しているだけでも人の役に立つことがわかり、
存在している意味はいつだってあるということに気づいたのです。

迷惑をかけているかは、聞いてみなければわからない

パニック発作に襲われる前の自分も、人に迷惑をかけたくないと思う気持ちがあり、
体調が悪くても仕事に行ったりと、自分に無理をさせることがよくありました。

しかし、今思い返すと、体調が悪い状態で仕事をすることで
迷惑をかけていたこともあったような気がしています。

結局、迷惑かどうかなんて、本人に聞いてみないとわからないものなのです。

不安でできないことを周りの人にやってもらうことが迷惑なのかどうかは、
やってくれた人に聞いてみなければ分からない。

「迷惑だなんて思ったこと無いし。できる人がやればいいだけの話じゃん。」

こんな風に迷惑だと思わない旦那さんのような人もいるということに気づくと
ぐっと気持ちを楽にして過ごせるようになると思います。

あなたがいてくれるだけで豆ちょこの役に立っている!

今このブログを読んでいるあなたは、実は豆ちょこの役に立っているんです。

自分と同じようにパニック障害や社会不安障害を克服したいと思っている人や
パニック発作や強い不安感に苦しんでいる人、また、そんな人が身近にいる人に、
少しでも役に立つことができたらと、このサイトを作りました。

しかし、誰も読んでくれなければ、役立つこともできません。
ブログを書き続ける意味もなくなってしまいます。

しかし、サイトへのアクセス数やランキングサイトのポイント数などで、
読んでくれている人がいることがわかり、やる気をだすことができています。

毎日読んでいます、支えになっていますと伝えてくれる人もいて、
逆に私が元気をもらえることもあることに気づくことができました。

だからこそ今からは、誰の役にも立ってない、なんて言わせませんよ。

そこにいてくれるだけで、豆ちょこの役に立っているということをお忘れなく!

 

スポンサーリンク

コメントを残す