やらなきゃいけないと思ってしまう時のお守り言葉

パニック障害や社会不安障害の克服法を実践していくうちに、
やらなきゃいけないという思いがでてきたことがあります。
今回は、そんなやらなきゃがでてきた時のお守り言葉を4コマ漫画でご紹介します。

スポンサーリンク

やらなきゃいけないと思った時、思い出したいお守り言葉

103943175

103952972

104019884

104449924

「やりたいと思う事をやりなさい」

パニック障害や社会不安を克服する方法を探すと、
毎日継続して行うことをおすすめする方法がたくさんあります。

豆ちょこは毎日続けた方が良いことは、克服したいという強い思いもあり、
体調が悪いと思う日も実践していました。

そんな日々が続いたある日、旦那さんに自分が今日やることを話していると、
こんな言葉が返ってきたんです。

「やらなきゃって自分で決めつけてないかい?やらなきゃいけないことはないよ。」

この言葉を聞いた時、克服するためにやりたいと思って実践していたことが、
やらなきゃいけないと思いながら実践するようになっていたことに気づきました。

やらなきゃいけないと思った時は、1度立ち止まって考えてみよう

豆ちょこが仕事をしていた時は、平日は毎日仕事に行かなくちゃいけない、
朝は5時に起きなきゃいけない、あの時間の電車に乗らなきゃいけないなど、
自分の行動を縛り付ける絶対的な考えをたくさん持っていました。

しかし、このような絶対的な考えもストレスになってしまい、
パニック発作などの辛い症状を促進させてしまったような気がします。

だからこそ、やらなきゃいけないと思うことがあった時は、
自分に無理をさせていないか、1度立ち止まって考えてみる必要があると思うのです。

やらなきゃいけないと思いながらヨガをやっている時は、集中力もなく、
やり終えた時の達成感もあまりないので、効果も半減している気がします。

それならば、やらなきゃいけないと思った時は、やらないで休む方が、
自分にとって良い選択なのではないかと思ったのです。

毎日じゃなくてもいい、やりたいと思う事をやろう

克服法をマニュアル通りに進めようとすると、柔軟性がなくなる時があります。

「毎日実践してください」という克服法でも、たまには休んでもいいと思うのです。

スパッと休んだことで、やらなきゃいけないと思っていた事が、
やろうかな、やりたいな、と思う事に変わっていきやすくなると思います。

旦那さんは、豆ちょこが「やらなきゃ」と言っていることに気づくと
必ずこう言います。

「やりたいと思う事をやりなさい。」

休むことが多くても、やりたいと思えることならば、
だんだん休む日が減っていって、続けていくことができると思います。

調子が悪くなってきた時は、自分の中でやらなきゃと思う事がないか、
ぜひ1度立ち止まって考えてみることをおすすめします。

ちなみに、
旦那さんは仕事に行かなくちゃいけないとは思っていません。

「給料もらいたいし、嫌じゃないから行ってる~。」

さらに「風邪引いたら休むし~」と悩むことなく言っていました。

やらなきゃいけないと思う人もいれば、やらなくてもいいやと思う人もいる、
結局は自分の考え方次第なんだな、と思っている豆ちょこです。

スポンサーリンク

コメントを残す